• <<  学校に乗り込む
  • >>  素敵な女性

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐が去ってまた一難

  • 2008.02
  • 28

Edit16

久しぶりにここ2日、雨が降って
すずしーー風が吹いてます、スリラン化。
涼しいと困る、シャワー水なんだから・・。

全然更新しないと怒られてますが、個人的には
JICAに提出しなければいけな報告書が2ヶ月遅れてまして・・・
そっちを先にやらなきゃ!っと思いながら

これとか
http://jp.youtube.com/watch?v=mthyMWj7b-8
これとか
http://jp.youtube.com/watch?v=Ny0M71AavcQ

見ちゃってる訳は、ありません。まさか。

頭もすりらん化してきてます、こんばんわ。

さて前回の日記のその後。
(記憶が定かでない方は前回を読んで見てくださいね)


いやーーーーーーーー、おそろしい。
何がって、です
泣き叫んで許しを乞う子供の腕をつかんで

づるづるづるづる~
っと、教室から引きずり出して、教頭の前に突き出す。

私はその日、「鬼のような日本人」として
さぞかし有名になったことと・・・・




はい。流れですが。

朝一で学校に乗り込んで行った私。
以前図書館プログラムで話をしに行ったので
教頭も校長もしっていたのだけれど、残念ながら
校長はおやすみ。
教頭先生に事情を話す。そうすると、さっと顔色を変えて
「それは、本当にうちの子供がごめんなさい」
と、言ってくれる。
100点の反応である。
クレームがきたら、とりあえず謝る。
(え?アリ●の対応の話はしていない?)

なにより、ほかの先生を含め、理解してくれて、
私の子供と話をしたいという願いをきちんと
聞いてくれたのでした。

そして、子供を捜しに行く先生・・・・







子供、





















欠席。(逃げたな)




じゃ、また明日来ます。といって、
校長に話しておくからね、という教頭先生に挨拶をして
オフィスに向かって帰って行く私。








はい、きたーーーーーーー!






校門前に到着する前に、
「ちゃん、ちゅん、ちょん」
のみならず、怒涛の
「中国人からかいラッシュ」
石まで投げてくる。

(言葉にできない)
sounded by 小田さん。

そこで、教室の中まで入っていって、
「今、教頭先生と話したばっかりだから、ちょっとおいで」
といって、引きづり出したのでした。。。


この上なく、ハイテンションで馬鹿にしていた子供たちの
顔が、一気に恐怖の顔になったあの瞬間を、
私はきっと、忘れることはないでしょう。。(2ヶ月くらいは)

その子、どうしておとなしくついてこなかったかというと、
「たたかれる!そしてお父さんに知られたら更にたたかれる!」
から、だったのだけど、
教頭先生に話をしてもらったあと、目をみて、
「叩かないよ。どうして話がしたいかっていうとね・・」
きちんと私の気持ちを話したら、次の日、校長に会った
帰りに私をみかけて、笑いかけて「バイバーイ」
って、いったの。
これには、私も、びっくりした。
自分が思ってる以上に、子供って、力があるんだなあと思った。
やっぱり、話をしてよかったと思ったわけですが、















やっぱり、問題は、校長。だったわけです。
(ずら。仕事丸投げ傾向。校長室のでかい写真は尊敬するミュージシャン。)






私「結局、一人一人にいってもきりがないので、全校集会で
  5分話す時間をください」
校長「いやーー、それは困るんだ~。」
私「どうしてですか?」
校長「俺は、テレビに広告もだしてるんだーー。そんなことして
  問題になっちゃったら、俺がからかわれちゃうんだよお」
  にへら~。
























は??














校長を相手に、声を大きくして
「お前は、バカかあ!?」という気持ちたっぷりに、
生まれて初めて説教してみました。
しかも、英語でオーバーに話してくるくせに
私の英語がちょっと単語難しくなると、
「・・・・・あんだって?」(志村けん風)
と、英語の先生にいちいち表情をぽかーんとさせながら聞く。
英語の先生も、校長のバカなコメントを、申し訳なさそうに
私に英語で訳したりする・・・。
先生、違う学校に行ったほうが、いいんじゃないでしょうか。
と、私から勧めたくなるような光景でした。






最終的に、「わかった。俺が明日朝、集会で全員にはなすから」
と、話を取り付けて、終わったのでした。







ああ、疲れた。
そして、初日の坊主は見つからないし。(逃げたな)




その後、私のサイトの子供たちが
「学校でミスの話校長がしたよ!!」
といって、教えてくれたので、ひとしきり校長の
ズラについて、盛り上がっておきました。
おぼっちゃまくんそっくり。へけへけ。





今回のでき事を通して、学んだこと。
1 子供には、直接きちんと話せばやっぱり、伝わる
2 日本人ですが、だからどうした?という、Tシャツを作る。
 (日本人だと知ると、とたん敬いのまなざしに変わるのもイヤ)
3 話を少しすれば、その人が信頼できる人間か、そうではないか、 
  わかるようになってきた。


以来、チャンチュンチョンはありませんが、
今後もあきらめず、一人一人話していくよ~。


そう、ヘロイン中毒者以外とは・・・・・・・


次回、安いよ安いよ~ヘロインやっておいでみておいで~
に、続く!!(ほんわかした話題でお休みする可能性もあります)


Comment

top

馨子

subjectお見事~~!!

素晴らしいっっ!!

そういう結末だったのですね! 大拍手です!
やっぱり、「話せばわかる」というのは感動ですよね。

(あ、でも、武器持ってる相手には、「問答無用ズドン」
 をされると困るから気をつけて下さいね。)

しかぁし、校長先生が問題だったんですね。
どの国、どの社会でも一番問題なのは中間管理職だとは。。
問題はどこでも変わりないんですね・・・。
でも、その校長先生に説教垂れたそらさんは偉いです!!

まさこ

subject尊敬

あなた素晴らしいね。

その勇気、、私も真似できるかしら。。

ってか、久しぶりに読んだけど、ブログ、面白すぎです〔笑

sora

subjectはは

Graceさま:はは。ウケて頂いて恐縮です。今後も、毎日突っ込みどころ満載なスリラン化を楽しんで頂けると幸いです。武器がある国じゃなくてよかった・・。勝気で売られたけんかは買ってしまいます。。

まさこ:勇気・・・怒り?どっちかわからないけど、
まあ、がんばります。ブログも色々ネタが多すぎて書くのに迷う・・(じゃあ、毎日書けってね)

eririnbow

subject

久しぶり! バリから素敵な絵葉書送ろうと思ったけど、パワフルな母に押されて、葉書書く時間もありませんでした・・・ごめんよ~。
旅はやっぱり、一人でのんびり~~がいいね~。
卒業旅行シーズンのバリは、まるで渋谷(!?)の様だったよ日本人の若者だらけで。
でも私、一人でいる時はどこに行ってもバリ語で話かけられた・・。 なんで???
ちなみに旦那はどこでも日本語で会話されたそうな。。。


 スリランカはそろそろ雨風晴・・って感じ?
奮闘記読んでるとあまりにも状況が想像出来て、笑っちゃうよー。 平ちゃんがふんばっているところが目に浮かぶ。。。フフフ。。
ちゃんちゅんちょん・・は最近の流行なのかなあ?
私は一度も言われた事なかったけど!?
 
うまいカレー食べて闘えー!
これからも奮闘記、楽しみにしています。
体に気をつけてね。


 

sora

subjecteririnへ

わーっ。エリリン元気だったかねえ!
バリ行ってきたんだ。
母とだーりんと一緒だなんて最高の
旅だなあ。
だって、エリリンは、日本人じゃ
ないだろうなあって思わせる何か
があるから、しょうがないさ。
スリランカ、ぜひぜひ次の旅行地に
選んでほしいなあ。
一緒にヒッカ行こうよ!
カレー食べにおいでー。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://sorapokke.blog109.fc2.com/tb.php/16-913e295d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  学校に乗り込む
  • >>  素敵な女性

プロフィール

そら

Author:そら
小3でスケ番になる方法を編み出し
友人に伝授。基本斜め歩き。
中3でパンのみ購入可の昼食に
小僧寿しを買って怒られる。
いーじゃん。
高3で
「君は寝坊で一生をダメにする」
と担任に諭される。
大3で開発の道に進むことを決意。
就職3年目、
寝坊が原因でクビが危うくなる。

自分でも自分に半信半疑です。

開発のお仕事でやっと現場に
出られる事になった私の、
ちょっとまじめでふざけた毎日。

れきし:
留学費用捻出の為、あの生●保●
会社に4年勤務。予定の倍年とる。
英国ウェールズ大学大学院:社会開
発プランニング&マネジメント卒業。
青年海外協力隊員:
村落開発普及員としてスリランカへ
19年9月より2年派遣予定。

社会開発分野を選んだ理由:
自分がとても幸せな子供だった
から。恐怖と憎しみと飢餓を
子供に与えない、そんな社会を
作る仕事の一端にいたい。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © そら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。