この空の向こうに

Entries

Date : 2007年10月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑い、暑いよ、スリラン化。
第2通信です。

いやね、アジアのいわゆる途上国といわれる
国の首都にはよくある、
車の多さ、排気ガス。

それはいいんです。
それはまあ、いいのね。

でも 高速でブッとばすのはどおだろう。
80キロとか普通に出してる。
しかも日本のバスの中古とかだから
化石ですか?

って感じのバスがガタガタ走ってねー

昨日、追突しました。
はい。乗ってました。
やるなー、絶対いつかやるなーーっておもってて、
ほんとうに期待に答えてくれるのが、
スリラン化です。
乗客、特段驚いた風情もなく、お金払った目的地に
ついてないのに、文句一ついわず降りるし。
興味なさ毛に乗り換えるし。強い。

さて、スリランカ。
仏教国です。
なんまいだーとは違う、日本とは何から何まで
ちと違う、仏教を信じる人が多数を占めます。

だから、不殺生がかなり常識。
すぐ、パウー(かわいそう。。)っていう。

ある日。ホームステイ先にごきぶりでました。
「わっ!ごきぶりっ!!スプレーは?」
って殺そうとする私に
「スプレーないの。。」

翌日、買ってきてさっそく出たので退治しようとする私。

そこへ13歳の次女 涙目で いわく・・

「ごきぶりがなにか悪いことをするわけじゃないでしょ?
 ただ、そこに居るだけだから、殺さないで上げて」

異文化です。
これぞ、まさに訓練中も散々理解を深めた異文化の一つ。
それは、認めて、自分の認識を改めて初めて他国で生きていく
というもの・・

「そっかー、ごめんね。
 日本じゃね、ごきぶり1匹いたら、100匹いるって
 いうもんだから・・・反射的に殺そうとしちゃった」

てへ。って悔い改めた様子でいう私をみて

表情一変、
げっ

って顔する、一家。
次の瞬間私がみたのは

バーナーでゴキブリを焼き殺そうとする姿でした。

あつっ!!熱いよそれはーーーーーーー!!

ま、鶏肉も食べてるし、蚊を殺す人もいるし、
色々なところが寛容な仏教の国、スリランカなのでした。






スポンサーサイト
母さん・・・
僕は・・・
スリラン化に来ているのであり・・・
カレーを 3食 食べているのであり・・・

お待たせしました~!
突っ込みどころ満載だよ、スリラン化。
とおとお第一話です。

いやーね、スリランカってそんなに貧困国でなはいのに
パソコン使えるって聞いてたのに
前回から3週間ほど全然使える環境にありませんですた。
でね。やっと使える~!!
って、自分のパソコン開いたら、

おーっと  






昇天!!






ちーん。





と、言うわけで






遡ること3週間、少しずつ追って書いてっていいですか?
パソコン復活するまでお絵かきも出来ずかなしい~っ

ところで私は今、家なき子。
でもJICA所有のホステルがあるのでそこに泊まってます。
隊員が地方から色んな用事で(研修含む)ここ、
コロンボの都会に上がってきた時に使う宿泊所。
2段ベットで快適です。パソコンはそこのを使用中。

さて、スリランカに着いた私。
4日のホテル生活を終えてホームステイ始めました。
3人の子どもがいる勢いのある母子家庭。
おばあちゃんかわいい。



お父さんはお医者さんだったそうで

私のつたないシンハラ語が確かなら・・・




「電気ショックで死んだ」

らしい、8年前に・・。
違う泣くなり方だったらごめんなさい。その可能性もあります。


このお宅に3週間いたんだけどね。
すっごく楽しかったよ。
ジャーマンシェパードのロキシーと
雑種でバカだから噛んじゃうのでほぼ監禁されてるビンゴが
二匹ともやっぱりカレーを食べるのを毎日見てた・・

親戚が朝ごはんを食べにくるから7;00に起きてって
言われたのに親戚がきたのが11;30だったこと・・
そして親戚がきたらその人たちが食べてる間は食べずに
帰ったとたんガッツく文化・・・

トイレは汚くて便座に座ることはできないので
ここで鍛えられました、大腿筋。
3週間空気椅子だもの・・・

本当にたのしかったのです。
毎日たくさんのホタルが私の帰りを出迎えてくれて
魚屋さんのおじさんたちと仲良くなってえびをおまけしてくれて

たとえロックしてあったスーツケースで
帰って開けたらヤモリが入ってても
キャベツに切っても切っても伸びるしゃくとり虫が
入ってても。

日本って随分都会になっちゃってたんだなあ~

次回、ごきぶりは結局殺すのか!?
に続く・・・

プロフィール

そら

Author:そら
小3でスケ番になる方法を編み出し
友人に伝授。基本斜め歩き。
中3でパンのみ購入可の昼食に
小僧寿しを買って怒られる。
いーじゃん。
高3で
「君は寝坊で一生をダメにする」
と担任に諭される。
大3で開発の道に進むことを決意。
就職3年目、
寝坊が原因でクビが危うくなる。

自分でも自分に半信半疑です。

開発のお仕事でやっと現場に
出られる事になった私の、
ちょっとまじめでふざけた毎日。

れきし:
留学費用捻出の為、あの生●保●
会社に4年勤務。予定の倍年とる。
英国ウェールズ大学大学院:社会開
発プランニング&マネジメント卒業。
青年海外協力隊員:
村落開発普及員としてスリランカへ
19年9月より2年派遣予定。

社会開発分野を選んだ理由:
自分がとても幸せな子供だった
から。恐怖と憎しみと飢餓を
子供に与えない、そんな社会を
作る仕事の一端にいたい。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © そら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。